×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

  

                                                  

 コンタクトレンズのススメ。
 ・ コンタクトレンズのススメトップ
 使用前の注意
 ・ 最初に
 ・ コンタクトレンズって?
 ・ コンタクト装用による目の病気
 ・ コンタクトの装用ができない症状
 ・ 医者の選び方

 ・ コンタクトレンズ通販について
 ・ 通販サイトについて
 ・ 各サイトの解説

■ コンタクトレンズの種類・特徴
 ・ 1日使い捨てソフト
 ・ 1週間使い捨てソフト
 ・ 2週間使い捨てソフト
 ・ 長期使用ソフトコンタクト
 ・ 酸素透過型ハードコンタクト
 ・ カラーコンタクトレンズ

 購入の際の注意点
 ・ 
各種コンタクトの価格 
 ・ 診察の流れ 
  検査の内容    
 コンタクトレンズ・目のケア
 ・ レンズケアの方法
 ・ レンズケアの注意

 眼精疲労研究
 眼精疲労って?
 ・ 眼精疲労の根本原因
 ・ 症状と簡単な治療法
 ・ 目に悪いこと・もの
 目にいい栄養素&サプリ
 ・ ビタミン類
 ・ その他の栄養素
 ・ オススメサプリその1 
 ・ オススメサプリその2
 眼精疲労回復法
 ・ ドライアイ対策

 使用前の注意




 コンタクトが装用できない症状


 コンタクトを装用する前の診察で、装用ができない症状が見つかることがあります。
 いい加減なところではそれでもOKを出してしまうところもありますので、
 信頼できる専門医に診てもらいましょう。




■ 重度のドライアイ


 軽度のドライアイならば点眼液や保湿めがねなどでカバーできますが、
 反射性の涙液(外からの刺激などで出る涙液)が分泌しない重度のドライアイの場合、
 コンタクトの装用はできません。




■ アレルギー性結膜炎


 アレルギー性結膜炎が長期間にはたって改善されない場合、装用は許可されません。




■ 内皮細胞数が少ない


 30〜40歳以上の方で、内皮細胞数が著しく減少している方は失明の危険性があるため
 装用できません。 




■ 小学生以下


 目の成長に影響を及ぼす可能性があり負担も大きいので、装用はできません。


 最初は症状がなくても装用してから症状が現れることがありますので、
 定期検診をちゃんと受け、病気が見つかった場合はすぐに装用をやめ、
 医師の指示に従ってください。









                 1番上へ   コンタクトレンズのススメトップへ   医者の選び方

一人暮らしのススメ。